スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IeSetEditorでインターネットエクスプローラーのHTMLエディタを変更

いままで、Sleipnirで「ソースの表示」を選択すると、「メモ帳」が起動していた。
これは、インターネットオプションのHTMLエディタで選択されているエディタが起動するから。
実は、最近知った(苦)
前々から、使い勝手は悪いと思いながらも、なんとなくメモ帳を使っていた。
当たり前だけど、EUCだったりすると文字化けする。
あーやだやだ。

なので、ちょっと調べてみるとレジストリを編集することで、エディタの変更が可能と。
レジストリですか・・・いじるの怖い><

で、さらに調べてみると、
お、いいものあるじゃない^^

見つけたのは、「IeSetEditor」。
IEのHTMLエディタ関連付けツール 。

<優れた特徴>
・あらゆるテキストエディタに関連付け可能
IeSetEditorではIEからIeSetEditorを通してテキストエディタに関連付けを行いますので、どんなテキストエディタでも関連付けが可能です。
・HTMLエディタの変更が容易
一度IeSetEditorをインストールしてしまえば、関連付けエディタの変更はIE上からではなくIeSetEditorを通して行えますので非常に容易です。
・「ソースの表示」メニューにも対応
基本的に「HTMLエディタの関連付け」というとインターネットオプションのHTMLエディタを設定できれば合格ですが、IeSetEditorではIE上での右マウスメニューにおける「ソースの表示」にも対応しています。
・拡張子".htm"の自動付加
「ソースの表示」でHTMLを開く場合に、ファイル名が変更されて開かれることがあります。この際、困ったことに拡張子も削除されてしまいます。そのため拡張子別に表示方法を変更可能なエディタを使用していると、HTMLとしての表示ではなくなってしまいます。
これを回避するために、拡張子がない場合に自動的に".htm"を付加してから開くようにしています。これで確実にHTMLとして表示されます。

便利っぽい。
早速、インストール・・・起動・・・設定は「TeraPad」に・・・
あっちゅう間に完了。簡単♪
おー、「ソースの表示」でTeraPadが起動した、感動♪

IeSetEditor(Windows95/98/Me/インターネット&通信)(ベクター)
ソフトウェア関連(作者ページ)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

話題のアレ

カテゴリー
ブログ内検索
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お得なアレ

関連品アレコレ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ひっそりと相互リンク募集中

ちなみに、当サイトのGooglePRは、
ブログパーツ
どうぞよろしくお願いします。
⇒⇒詳細はこちら

過去ログ
RSSフィード
プロフィール

モトカク

Author:モトカク
現在、岩手在住の30半ばの男。
生まれ育ちは福岡。
妻の実家で妻、義母と同居。
つまり、ムコ。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。